コンテンツへスキップ

銀行カードローンと消費者金融のカードローンを同時に申し込みした場合、個人信用情報に照会履歴が残ってしまい申し込みブラックとなることが知られています。しかし、どうしても現金を調達する必要がある場合、同じタイミングで申し込みができ、片方の審査を通過出来ればと考えてしまいます。

しかし、銀行カードローンの場合、日本国内にある3つの個人信用情報機関に照会情報が登録されてしまうため、1回審査に落ちてしまうことのリスクが大きくなります。しかし、このような場合、三井住友銀行カードローンを最初に申し込みするのがおすすめです。

三井住友銀行カードローンの場合、保証委託先がSMBCコンシューマーファイナンスとなるため、審査が通な出来なかった場合、プロミスの契約申込を勧められるケースがあります。この場合、保証会社での審査が完了し、融資可能と判断されるため、改めて申し込みを行う必要が無くなります。

申し込みブラックを回避出来る上、短時間で契約手続きを行うことが出来るというメリットも生じます。また、他の銀行カードローンとは異なり、即日で融資を受けられるよう、サービスも充実しているのが特徴です。

1回の申し込みで、2社分の審査を受けられるのは、突発的な出費が生じた場合、より確実にキャッシング契約を行い方にはおすすめ出来るものとなります。

クレジットカードの買い物や海外キャッシングを行った場合、クレジットカードに指定された銀行の口座からお金が引かれます。その時のキャッシングの返済ですが、通常ではキャッシングを行なった月の翌月にそのキャッシング利用した金額が一括で引かれます。

そのため、今月もしキャッシングを利用してお金を使ったならば、その月に返済をすることはありません。
海外キャッシングの場合も同じです。

しかし、もし、口座にお金が足りなくてもキャッシングの利用はその月に限っては行うことができます。
そのため、上限を付けていないクレジットカードだとキャッシング額をどのくらい使用しているのか来月にならないと分からないということになります。

もし口座のお金がキャッシングの料金分入っていなかった場合、返済額がその住所あてに届けられて、自分でクレジットカード会社にキャッシングのお金を払いに行く必要があります。
そのため、クレジットカードに利用している口座の預金額とキャッシングの使用金額はしっかり覚えていた方が良いと思います。

リポ払いを行なっていると、キャッシング利用をしても一括払いでは無く、毎月決まった額のみの金額が引き落とされるます。
キャッシングの返済には十分注意するようにしてください。

これから初めてカードローンを利用しようと思っている人の中にはカードローンを利用すれば
必ず利息の支払いをしないといけないと思っている人が多いと思います。

なぜなら、普通に考えてカードローンを利用して無利息でお金を貸してもらえるとは思わないからです。ですが、実際には使うカードローンによって全然カードローンの利息が違ってきます。

では、実際にどういうカードローンを利用すれば無利息でお金を借りる事ができるかというと
それには大手のカードローンを利用する事でお金を借りる事ができるようになります。

ですから、実際にカードローンを利用して無利息でお金を借りたいと思った時は大手のカードローン会社から借りないといけないです。

そうしないと中堅以下のカードローン会社から借りても無利息のサービスは受ける事ができないので注意が必要です。ただ、いくら無利息で借りれると言っても完全に無利息で借りれるという事はないです。

それはどういう事かというと、無利息で借りれると言っても短いと1か月しか無利息にならなかったり長くても半年無利息で借りれるといった感じです。

ですから、無利息でお金を借りる事ができるにはできますがその際には条件がある事をしっかり理解した上で借りないといけないです。