コンテンツへスキップ

消費者金融と言えば今や即日キャッシングは当たり前ですが、その為にはいくつかの注意点があります。

即日キャッシングを行うにはもちろんですが、申込みを行った日のうちに審査が終わらないといけません。その為にはできるだけ早い時間に申込みを行ってください。最短30分審査とは言っても、実際には1時間くらいは掛かることがほとんどです。消費者金融の営業時間は平日や休日を問わず22時までのことが多いですが、即日キャッシングをしたい場合には遅くとも20時までには申込みをした方がいいでしょう。

また、土日や祝日には注意してください。消費者金融には平日や休日といった概念はありませんが、土日や祝日は銀行が営業していません。よって、銀行振込での融資を受けるのは難しいので、原則的に直接現金でのキャッシングとなります。これには自動契約機の活用が重要です。

土日や祝日でもネットや自動契約機からの申込みは普通に受け付けています。ネットの場合は審査に合格した後に自動契約機を利用して、その場でキャッシングカードを発行してください。自動契約機も平日と同様に22時まで営業していることがほとんどなので、ネットから申込みを行った場合には審査結果が出る前からすぐに最寄りの自動契約機まで向かえるように用意をしておいてください。

キャッシングカードさえ発行してしまえば、後はコンビニのATMからでもキャッシングが行えます。この自動契約機からカードを発行するという方法は、直接店頭で申込んだ場合や自動契約機から申込んだ以外にとても有効だと言えます。もちろん平日でも同様の方法でカードが発行できるので、銀行振込の時間に間に合わなかった場合にはこのカードを発行して現金でキャッシングを行うという方法をうまく利用してください。

キャッシングを利用したいけど、お金を借りたことが会社にバレないか心配!

キャッシングのご利用が初めての場合、多くの方がご心配されるのが、
「電話連絡による勤務先への在籍確認」です。

もし、上記のような理由で迷われているのであればご安心下さい♪
通常、この理由でバレることはほとんどありません。

そもそも「電話連絡による勤務先への在籍確認」については、
一般的な金融機関であればプライバシーへの配慮はしてくれますので、
社名ではなく個人名での電話連絡が基本です。

在籍していることが分かるだけでいいので余計な質問等もありません。
実際、これによりバレたという例はほとんどないのですが、
とはいえ、個人名での連絡だとしても変な噂が立たないか心配・・・
という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方は、在籍していることが分かる書類提出(給与明細等)で、
問題ない場合もあるため、審査前に各機関で案内しているコールセンター等に、
電話連絡以外の在籍証明について相談してみましょう。

電話での確認が必要な機関であっても、日時などは相談できるところもあります。

また、どんなかたちであっても連絡は控えてほしい場合は、
電話による在籍確認なしで利用できるサービスもあるため、
対象の金融機関を選ぶといいでしょう。

楽天銀行のカードローンについて紹介していきます。まず、楽天銀行はネットバンクの為、このカードローンへの申込みも原則的にネットから行います。実店舗が存在しない為、店頭からの申込みは行えません。銀行口座の開設なども全てネットで行うことになります。

カードローンという名前の通り、契約が成立するとキャッシングカードが発送されます。このカードはイオン銀行、及び各種のコンビニのATMで利用できるので、ネットバンクのカードローンとはいえ、利便性に問題はありません。
銀行口座への振込で借り入れを行う場合、楽天銀行を指定すると、24時間いつでも瞬時に振込を受けることができます。

そして、銀行のカードローンでは珍しい無利息サービスを提供しています。楽天銀行の無利息サービスは契約日から30日間になりますが、このサービスを利用するには条件が2つあり、1つはカードローンの申込みと同時に楽天銀行の口座も開設すること、2つ目はその口座からの自動引き落としでの返済を選択することです。この2つの条件を満たした場合のみ、無利息サービスが利用できます。
よって、カードローンの申込みの前に既に楽天銀行の口座を持っている場合は無利息サービスは利用できないので注意してください。

また、自身には収入のない専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば利用することができます。他の銀行ではこのような場合、限度額が30万円までのことがほとんどですが、楽天銀行では最高50万円までの契約を行うことができます。更に、本人確認書類だけで契約が行えるので、配偶者の同意書などは不要です。

楽天銀行のカードローンにはこのような特徴があります。特に専業主婦にはメリットの大きいカードローンです。自身にアルバイトなどで定期的に収入がある場合、学生でも利用することができる点も付け加えておきます。

銀行のカードローンの利用しようと考えている場合、この楽天銀行も選択肢に入れてみてはどうでしょう。

普段の生活をしていれば、大きな出費はないかもしれませんが想定外の出費などもあります。
そのような時に備えて、しっかりと毎月貯蓄をしていれば問題が無いですが、それ以上の金額だったりすると自力での工面が難しい場合もあります。

用件によっては、周囲に借りるという事も選択肢としてありますが、内容によっては周囲に相談ができない事もあります。
その時にはキャッシングなどの業者を使う事を考える人もいます。

しかし、キャッシングをする際は利息が付いてきますので、借り入れをする際は慎重に行わなければならないです。
特に、借り入れをする時に足りなくなると困る為、予定より多く借り入れをする人もいますが、余分に借り入れた分だけ利息が発生します。

その為、借り入れをする際は必要最低限な金額を借りる事が大切になります。
また、借り入れをする際は利率も大切ですが、返済期間にも注意する必要があります。

返済期間が長ければ長いほど、返済金額は少ないですが利率がかかります。
しかし、返済期間を短くしてしまうと、毎月の返済金額は高くなりますので場合によっては返済が滞るという事も予想する必要があります。

そのような事にならない為には、自身が苦しまないようにしっかりと返済出来る金額を決めておく事が大切です。

取りあえずキャッシングでお金を借りると決めたとします。
その後、キャッシングをする際にはどこの金融機関・金融業者から借りるかという問題があります。

同じ額を借りるにしても、金融機関ごとに条件は異なってきます。
そのためお金を借りる際にはしっかりと比較をして、良い条件で借りるようにするべきです。

少々の利子ならあまり気にせずに、いつも利用しているところでキャッシングすると言う方もいますが、最も金利の低い業者と比べると相当損をしているケースもあります。
比較をしてみた場合、例えば利子が1%だけ違ったとしても、長い返済期間の間にこの1%が相当大きな金額差になっていることもあります。

本来であれば元本返済に回っていたはずのお金が金利として徴収されてしまえば、まったく元本は減らないことになります。
そのあたりを理解したうえで、キャッシングをする業者を選びましょう。

あまり名が知られていない業者よりも、知名度が高い有名業者のほうが安心できる面はあります。
ですが、実際にキャッシングをする前には、口コミ評価でその評判を調べておくことも重要です。

火のない所には煙は立たないものです。
口コミが評価が悪い場合には何か問題があると考えたほうが良いと思います。

借金総額は大した事がありません。
月々に返す返済額も大した事はありません。
ですが、数社からキャッシングしていいて、その返済方法がそれぞれ違うために非常にめんどくさいです。
同じ消費者金融で借りれば良かったのに、なんとなく特典のある消費者金融で借りてしまったためにめんどくさい事になってしまいました。

あっちは初回利息が30日かからないだとか、こっちはポイントが貯まるとか、そんな感じで数社からキャッシングして、返済日が月に何度もあります。

さすがにこれはどうにかしないといけないと思い、ようやく重い腰を上げました。
おまとめローンの利用です。
昔から存在は知っていました。
ですが、なんでか自分でもわかりませんが避け続けてきました。

それを今回利用してみたのですが、とくに他のローンと変わらなくて拍子抜けしました。
私の借りる額が少なかったのでそうだったのかもしれませんが、おまとめローンだからと気負う事はなかったようです。

実際借り入れが一社になって、驚くほど楽になりました。
返済日が減ったというのもそうですが、利息もちょっと減りすこし嬉しかったです。

大金の場合はなかなか審査に通るのは難しいかもしれませんが、おまとめローンを利用する事で精神的にはかなり楽になると思います。
数社からキャッシングして疲れてしまっている人は、ダメもとで申し込んでみてはどうかと思います。

クレジットカードにキャッシングの機能を付与することができます。この機能を希望する場合は、申し込み時に申請しなくてはなりません。クレジットカード会社の基準による審査でパスすれば、キャッシング機能のあるクレジットカードを持つことができます。

この場合、気になるのがキャッシング可能な上限金額です。カード発行時は通常、低い上限額が設定されています。増額を申し込むことはできますが、カード発行から一定期間を経過することが条件になります。その間に、カード支払いやリボ支払いの遅延・延滞などがあると申し込みは却下されてしまいます。

キャッシングを増額するためには、健全な支払い能力が必要条件になることは言うまでもありません。さらに、別のクレジットカード会社の「未払い金・支払い残金」もネックになります。一見、不便で面倒なシステムに見えますが、これはカード破産を防ぐために大切な制度です。カードとATMで現金を手にすることができる便利さに甘えることは禁物です。

キャッシングを上手に利用するコツは、「キャッシングとは利息を伴う借金」であることを十分に理解することです。上限額を増額すると、キャッシング額の増額だけでなく利息の支払い金額も増額します。増額を申し込む時は、支払い能力と真剣に向き合うことが大切です。