コンテンツへスキップ

初めてキャッシングをされると言うことで気になるところは「キャッシングの申込みから借り入れまでどのぐらいの時間を要するのか?」と言うことであると思います。借り入れを行う方によってかかる時間が様々ではありますが、キャッシングを行ったことがある私がどのぐらいの時間を要したのかと言うことについてお話をしていきたいと思います。

私は大大手消費者金融でキャッシングの申し込みを行いました。その消費者金融は「申し込みから審査まで30分」と謳っていたところでありましたので、申し込みを行う前から審査に時間は要さないのではないかと感じました。実際に申し込みをし、審査を行ったところ、本当に30分で審査が終わりました。会社への在籍確認を行わなければならないので会社にいることが前提となります。

後は直接その消費者金融の窓口で手続きを行うか、無人のATMで音声ガイダンスに沿ってキャッシングを行う手続きをすれば借り入れを行うことができます。早い方であると1時間から2時間程度で借り入れを行えてしまいます。初めての方でも、また急にお金が必要になった方でも安心して利用することが出来ます。

キャッシングを利用できる金融機関は大きく分けて、銀行と消費者金融などの貸金業者に区別することができます。細かく言えば、たくさんの違いに言及することができますが、大きく言えば銀行は貸金業者より金利が低いが審査が厳しく、貸金業者は金利は高いが審査が銀行ほど厳しくないと言っていいでしょう。

このことから考えてみれば明らかですが、銀行で借りることができるくらいの信用度があれば金利の低い銀行を利用することが合理的ですし、信用度にあまり自信がないという人は貸金業者を利用することが合理的な選択となります。もし、自分の信用度があまりわからなかれば、金融機関のサイトの簡易審査のページなどを利用してみることがおすすめです。

カードローンでキャッシングをする際は、審査があることに加えて本人確認と職場への在籍確認があります。本人確認は免許証などの身分証明書を提出するだけで良い場合もあれば、登録した連絡先に電話連絡によって確認する方法があったりと様々です。

それに対して職場への在籍確認に関しては、ほとんどの業者が電話連絡にて確認を行います。もちろんキャッシングを利用する事が職場に知られないように個人名で連絡してきてくれたりといった配慮はありますが、在籍確認がないという場所はないといっても良いくらい確実にあります。

ですので、大企業で個人向けに連絡がしづらい会社に勤めていたり、或いは土日に申し込みをしたけれど土日は会社が休みだったりする場合はオペレーターの人に伝えて相談してみると良いです。

大手消費者金融であるSMBCモビットのキャッシングは通常の申し込み方法に加えて、申込みから契約までの手続きをすべてWebで行えるWeb完結申込という契約申し込み方法があります。この申し込みには来店不要で契約ができること以外にどのようなメリットがあるのでしょうか。

Web完結申込の最大のメリットとも言えるのが、在籍確認の電話なしで契約できる点になります。モビットのWeb完結申込は書類の提出で在籍確認を行うため、職場へ在籍確認の電話をしてほしくない場合に最適なサービスなのです。

また契約後カード発行や自宅への郵送物がないことも大きなメリットです。自宅に書類などが何も届かないため、家族にも内緒で契約がしやすいのです。

カードローンの金利に関しては、良く3.0%~10.0%など金利に差がある表示をしています。これは何を意味しているのかと言えば、借り入れの金額に応じて金利が違ったりする事です。事業資金等で一時的にお金を借りたいなどやはり金額が大きくなれば、それだけ消費者金融業者も利息が大きくなっていく為多少は%を低くして貸し出します。

それでも利用する際にかなり大きな金額の借り入れであれば、利息もそれなりに大きくなります。月々の返済計画などでも、一括返済をすればそれだけ有利に借り入れが行える為そこも踏まえて良い取引が金融業者と行えます。借り入れの金額が大きければ不安も大きくなりますが、金利は低く設定される為安心して借り入れ出来ます。

キャッシングは利息マネージメントをすることで、かなり賢く便利に利用することが出来ます。まず最も良い方法として無利息期間が設定してあるキャッシング業者を使う事です。現在幾つかの業者は初めての利用の場合に30日間の無利息サービスを展開しているところがありますので、初めての場合は最優先としてそのような業者に申込みをしましょう。

もう1つの利息マネージメントは返せる時に多く返済するという方法です。最低返済額が低いからとその設定に合わせて払っていくと返済期間が長くなるだけではなく利息の支払いも増えてしまいます。出来るならば借りた分を短期間で全額返済してしまうのが良いですが、借入残高に応じて利息は計算されますので、多めに払えるときは返済をして利息額を減らすという努力が大切です。利息マネージメントを心がけて快適なキャッシングライフをお過ごしください。

カードローンを利用しようと考えていろいろ調べていると、総量規制という言葉に出合うことがあります。特に気にしなくても借り入れは可能ですが、知っていると便利な一面もあります。

総量規制とは借りすぎて返済不能になることを防止するために設けられた制度で、年収の3分の1を超える貸し出しを禁止するものです。貸金業である消費者金融には総量規制の縛りがあり、数社からの借り入れの合計が年収の3分の1に達している場合にはそれ以上の借り入れは不可能です。

しかし、この制度が利用されないカードローン会社があります。銀行系カードローンは総量規制対象外とされており、銀行の裁量で3分の1を超える貸し出しをすることが許されてます。そのため、消費者金融に比べて増額申請をしやすいという利点があります。

キャッシングを利用するには、各消費者金融会社によって利用条件が定められています。満20歳以上満70歳ぐらいまでといった年齢条件、一定の収入がある者といった収入条件が主な条件です。この条件をクリアしているのであれば、アルバイトでもキャッシングの利用が出来る可能性が高いです。

アルバイトの場合には長期的にアルバイトをしている事で、審査において一定の収入があるとされ、年収に応じて限度額が決定していきます。その為、限度額が少なくなってしまう事がありますが、その限度額内でキャッシングを使う事が出来ます。キャッシングを使う事によって、支払いなどに使う事が出来ますので、給料日までの立て替え用途に使えます。審査には本人確認書類が必要ですが、保証会社との契約をするなど保証人がいなくても契約が可能です。