コンテンツへスキップ

申し込みが終わり審査も通り、いよいよ借り入れできる!となっても心配なのは限度額。

その人の職種や収入によっても借り入れられる限度額は違うのです。

『総量規制』と言うものがあり、その規制のおかげで年収の三分の一以上の借入はできなくなってしまいました。

この規制は、キャッシング会社を変えても関係なく、全部含めた計算になります。

なので、簡単に言うと年収が300万円だとして、他社で100万円借入があったらもうどこでも借入できないと言うことになります。

中には総量規制の対象外のところもあります。

例えばおまとめローンを引き受けているようなところで、銀行系のカードローンです。

普通の金融会社では、まず総量規制は必ず存在するので計算して申し込みしないと審査に通らず、その結果が残ってしまうため半年はどこのローンも通らなくなります。

ゲンダマというポイントサイトをご存知でしょうか?様々な案件に申し込むとポイントが獲得でき、それを現金に替えられるという主婦に人気のサイトです。ゲンダマにはカードローンの案件が結構載っており、2018年2月4日現在愛媛県のセントラルという消費者金融の案件が載っており紹介したいと思います。

セントラルは地方の消費者金融ですが、大手では借りられないようなちょっと属性の低めの方でも借りられることで最近人気です。最近は東京や横浜にも自動契約コーナーを設置し、カードローンマニアの間では話題の消費者金融です。

いきなり公式サイトから申し込むより、ゲンダマを通して申し込むだけで5250円分のポイントがもらえます。中小の消費者金融がポイントサイトに掲載するのは恐らく初めてのことなので、絶好の契約チャンスだと言えるのです。

カードローンを利用している人のなかには、臨時の大きな支出が必要になったとき、困ってしまう人も少なくないかと思います。そうなると、現金をつくるために他社で新しいカードを作って対応せねばということを思いがち。しかし、それよりも有効な方法があります。それは利用限度額を増やすという方法です。

どうして他社で新規にカード作成をするよりも利用限度額を増やす方が有効なのでしょうか?その理由は2つあり、1つ目は審査期間が短くて済むということ、2つ目は借入金額が大きいほど金利が下がるからです。

利用限度額を増やしたい場合、増額申し込みを行い、金融機関の審査を経て利用限度額の拡大が認められるわけです。審査を通過するためにキーになるのはまずは収入。そして、毎月遅れずに返済しているかどうかということが主に問われます。