コンテンツへスキップ

銀行や消費者金融のカードローンを契約する際、審査時に勤務先への在籍確認が通常行われます。会社員だけでな、パートやアルバイトも同様です。特にアルバイトの場合、勤務先へ個人宛の電話が来るのは非常に稀なケースになります。

そのため、在籍確認の電話だと分かり易く、キャッシング契約だとバレる可能性が高くなります。そのため、アルバイトの方は、在籍確認が書類で代替可能もしくは電話が無いものを選ぶことが重要です。また、クレジットカードのキャッシング枠であれば、審査時に在籍確認も完了しているため安心と言えます。

ですが、書類代替による方法は申し込み時点で申告する必要があるため、インターネットから申し込み手続きする際は、フリーダイヤルに連絡することを忘れないようにすることが肝心です。

銀行カードローンでも、ローン契約機やテレビ窓口といったローン契約機を設置するものがあります。いわゆる、メガバンク2社のカードローンですが、これまでスピード審査やローンカードの即時発行が1月4日以降から最短1日の審査となり、これまでのメリットが失われてしまいます。

つまり、ローン契約機で契約申し込みしても、最低1日は待つことになりローン契約機を利用することが時間の無駄に繋がってしまいます。そのため、今後利用する際は先ずインターネット経由で申し込みを済ませて、ローンカードの受取を行うといった方法を考慮しておく必要があります。

また、口座の有無に関わらず本人確認書類を提出する必要があり、提出方法は別途連絡など手間が増える点にも注意が必要です。

利用用途が自由である個人向けの融資サービスのキャッシングは、総量規制によって、総限度額を超えている場合、新規に消費者金融会社と契約する事が出来ない事が多々あります。その場合において、総量規制が行われていない融資サービスを活用すれば、キャッシングに適用される総量規制を気にせずに使える環境を整えられます。

カードローンは、銀行や信用金庫が提供する個人向けの融資であり、総量規制の対象外となっていますので、キャッシングと併用すれば、より多くの融資を受けられる可能性があります。カードローンの種類はキャッシングと同様に、銀行の数だけ存在しますので、組み合わせ方によっては返済時の利息を最小限にする事も出来るでしょう。

キャッシングをしようとする場合、消費者金融の利用を考える人が少なくありません。その際にシークレットにできること、短期間で融資を受けられることを基準に選ぼうとする人が多いのではないでしょうか。キャッシングのイメージは決してよいものではないので、どうしてもまわりの人には内緒にしておきたいと考えます。

また、今すぐお金が欲しい状況の人も多いので、短期間で融資を受けられることはとても重要です。そこで、このような基準で消費者金融を選択したいのであれば、アイフルがおすすめです。アイフルは家族に知られることなく、短期間で融資を受けられるからです。

まず、アイフルでは、インターネットで借入の申込をした後、フリーダイヤルに電話することで、すぐに審査をしてもらえます。その後、1時間から2時間程度で審査結果の連絡が届きます。審査に通過することができれば、すぐにキャッシングをすることができます。振込の方法で融資してもらえるので、午前中に手続きをすれば、ほぼ間違いなく即日融資を受けられるでしょう。

また、融資を受ける際、カードを発行してもらうことも可能ですが、自宅への配達時間を自分で決めることができます。そのため、自宅に誰もいない時間を指定して配達してもらえば、キャッシングをしていることを家族に知られることもありません。

学生ローンのメリットは、大手消費者金融のカードローンに比べ金利が低いことです。また、学生という属性をターゲットにしているため、通常にカードローンに比べて審査に柔軟性があることです。しかし、金利が低いはものの、返済方法が銀行振込もしくは来店での返済に限定されるなど、金利が低いというメリットが損なわれています。社

会人のように返済に余裕が無いと言って、最低額の返済を続けるとその分だけ負担が増えてしまいます。そもそも、返済額が毎月2500円以上という場合、ATMからの振込では324円といった手数料がかかってしまいます。そのため、学生ローンを利用する上では、この振込手数料を抑えることが重要です。

そこで利用前に準備したいのは、インターネットバンキングに対応した銀行口座の開設です。中には、毎月規定回数まで振込手数料無料というサービスがあるため、返済にかかるコストをカットすることが可能です。先ずは、利息以外にかかるものは無いか、抑えることが出来ないか検討するのが重要です。