コンテンツへスキップ

気軽にお金を引き出せるキャッシング。

ちょっとした出費や買い物にはとても便利です。

でも気になるのは金利ですよね。

いくら利息がつくのかわからないから不安だ・・と感じてキャッシングに戸惑う方もいると思います。

そこで今回は利息についてご紹介してます。

まず利息はキャッシングする会社と借りる金額によって違いがあります。

会社というのは銀行で借りるか、消費者金融から借りるかといった違いですね。

大体銀行の方が安いと考えてくれてればOKです。

ではその利息はいくらか?についでですが、これは借りる金額次第です。

例えば10万程度のキャッシングを例に挙げてみましょう。

銀行カードローンなら年利14~15%程度、消費者金融なら年利18~20%程度です。

銀行カードローンは審査が厳しいこともあり、年利は少なくなってます。

消費者金融は銀行より審査が緩い分、金利は高め・・・こんな感じです。

では実際に銀行カードローンで10万円キャッシングしたとするとどうか。

年利14%で一年がかり(12ヶ月払い)で返済したとすると、返済までに支払った金額は利息も含めて10万9978円。

1万円未満です。

なんとなく10万円の14%というと1万4000円と考えてしまいますが、毎月利息と共に元金も返済してますからね。

元金が減れば当然利息も減りますから、実際の利息はこの程度しかつかないんです。

この程度の利息なら無理なく返済出来ますよね。

友人・親類から借金して信用を落とすよりも、場合によってはキャッシングの方がいいんじゃないかな?なんて思います。

キャッシングはお金を借りるサービスです。

色々な会社がサービスを提供していますが楽天ローンは他にはないお得な特典があります。

それが楽天ポイントの付与です。

楽天ローンに申し込みをするとそれだけで楽天ポイントがもらえます。

ただ入会するだけでもらえるのでとても簡単でお得です。

この楽天ポイントは楽天市場というネットショップで使用することができます。

楽天ポイントを使用すれば現金を使わずに買い物ができるので、前からほしかった商品をお得に購入することができます。

もちろんお金を借りる機能も充実しています。

最大適用金利が14.5%と低めに設定されています。

消費者金融と比べるとかなり低めになっているので、大きな金額を借りたときや長期にわたってお金を返済するときに金利負担を減らすことができます。

どうせ返すお金なら金利の低い会社で借りた方がお得ですし精神的にも余裕ができます。

限度額は最大500万円と大きめに設定されているのでまとまった融資が必要だという人にも十分対応することができます。

ネットを使って申し込みをすることができるので出かける手間を省くことができますし、知り合いにキャッシングの申し込みをしているところを見られる心配もありません。

想定外の出来事が起こり、現金が急に必要になった・・そんな場合は、便利なキャッシングが、あなたの救い手になってくれるかもしれません。実際に多くの人が、困ったときに融資を受けて、トラブルを回避しています。ただ、アルバイト収入の場合だと、キャッシングが利用できないと懸念している人もなかにはいるでしょう。アルバイトのような収入形態の場合は、借入ができるのでしょうか。

アルバイトやパートなどでも、安定した収入があるとキャッシング業者が判断すれば、融資を受けることは可能ですから安心してください。判断基準は、それぞれの業者の審査基準によって異なります。A社の審査が落ちたからと言って、B社も落ちるというわけではありません。一社落ちてもあきらめないでくださいね。この場合直ぐに2社目に申し込まないで、3カ月ほどたってから申し込んだほうがよいでしょう。

また、融資額ですがアルバイトやパートの場合、あまり高額融資を希望すると、審査に落ちる可能性が高まります。初めての借り入れの場合、なるべく収入の1割程度がよいでしょう。さらに銀行の融資だと、収入証明が必用ないので借り入れの申込みがしやすいメリットがあります。融資を受けるときの参考にしてください。