コンテンツへスキップ

キャッシングの返済が遅れた時、自宅や携帯に督促の電話が入ることがある。

手持ちがない、メドがない、何言われるんだろう、怖い、出たくない・・!

その気持ちは十分わかるが、絶対に出た方がいい。

貸し手の立場からすれば、一番困るのは利用者の状況が掴めないことなのだ。

もし、長い間連絡を無視した後に電話に出たら、「なぜご連絡いただけなかったのですか?」と聞かれるかもしれない。

もっと嫌味なことを言われる可能性もある。それでも、それは一時のこと。我慢しよう。

貸し手ができることは2つ。

①時間をとって待つ、②金額を下げる。

「今、払えません」と言えば、「給料日はいつ?」「他に収入は?」「いくらなら払える?」など聞かれるだろうが、

正直に答えれば何らかの提案をしてくれるはず。

その時点で何も決められなければ、マメに連絡を入れてその都度状況を伝えることにすればいい。

ちなみに、キャッシングの事業者が信用情報機関に利用者の状況を報告する際、

返済の遅れが「客の事情」なのか、「理由不明」か、もしくは「震災など客以外の事情」か、といった事も併せて伝えられる。

各社は定期的に審査を行っており、複数の利用がある場合、他にも制限がかかることが考えられる。

利息は1日毎についていく。元金が多ければ多いほど利息も当然高くなる。

放っておくほど状況は悪くなるのだ。

とりあえず、督促の電話には出ておこう。

普段の生活をしていれば、大きな出費はないかもしれませんが想定外の出費などもあります。
そのような時に備えて、しっかりと毎月貯蓄をしていれば問題が無いですが、それ以上の金額だったりすると自力での工面が難しい場合もあります。

用件によっては、周囲に借りるという事も選択肢としてありますが、内容によっては周囲に相談ができない事もあります。
その時にはキャッシングなどの業者を使う事を考える人もいます。

しかし、キャッシングをする際は利息が付いてきますので、借り入れをする際は慎重に行わなければならないです。
特に、借り入れをする時に足りなくなると困る為、予定より多く借り入れをする人もいますが、余分に借り入れた分だけ利息が発生します。

その為、借り入れをする際は必要最低限な金額を借りる事が大切になります。
また、借り入れをする際は利率も大切ですが、返済期間にも注意する必要があります。

返済期間が長ければ長いほど、返済金額は少ないですが利率がかかります。
しかし、返済期間を短くしてしまうと、毎月の返済金額は高くなりますので場合によっては返済が滞るという事も予想する必要があります。

そのような事にならない為には、自身が苦しまないようにしっかりと返済出来る金額を決めておく事が大切です。

キャッシングの利用者とって信用情報は重要な要素であり、審査や限度額などに影響してきます。

増額などを行なう際には返済実績なども加味されることになりますが、この返済実績はその金融機関だけの情報としてだけでなく、他の金融機関でも信用情報として扱われるケースがあります。

つまり他社での借入を行なう際でも、これまでに利用してきた金融機関の返済実績を参照されることがあるので、返済の遅延や滞納などは出来る限り避けた方が無難です。

キャッシングにおいて返済は金融機関ごとの問題ではなく、信用情報機関を通じて共有されるキャッシング全体に影響を及ぼす問題と捉えながら利用していくことで、とても重要であるということが見えてくるはずです。

クレジットカードの買い物や海外キャッシングを行った場合、クレジットカードに指定された銀行の口座からお金が引かれます。その時のキャッシングの返済ですが、通常ではキャッシングを行なった月の翌月にそのキャッシング利用した金額が一括で引かれます。

そのため、今月もしキャッシングを利用してお金を使ったならば、その月に返済をすることはありません。
海外キャッシングの場合も同じです。

しかし、もし、口座にお金が足りなくてもキャッシングの利用はその月に限っては行うことができます。
そのため、上限を付けていないクレジットカードだとキャッシング額をどのくらい使用しているのか来月にならないと分からないということになります。

もし口座のお金がキャッシングの料金分入っていなかった場合、返済額がその住所あてに届けられて、自分でクレジットカード会社にキャッシングのお金を払いに行く必要があります。
そのため、クレジットカードに利用している口座の預金額とキャッシングの使用金額はしっかり覚えていた方が良いと思います。

リポ払いを行なっていると、キャッシング利用をしても一括払いでは無く、毎月決まった額のみの金額が引き落とされるます。
キャッシングの返済には十分注意するようにしてください。