コンテンツへスキップ

キャッシングを利用したいけど、お金を借りたことが会社にバレないか心配!

キャッシングのご利用が初めての場合、多くの方がご心配されるのが、
「電話連絡による勤務先への在籍確認」です。

もし、上記のような理由で迷われているのであればご安心下さい♪
通常、この理由でバレることはほとんどありません。

そもそも「電話連絡による勤務先への在籍確認」については、
一般的な金融機関であればプライバシーへの配慮はしてくれますので、
社名ではなく個人名での電話連絡が基本です。

在籍していることが分かるだけでいいので余計な質問等もありません。
実際、これによりバレたという例はほとんどないのですが、
とはいえ、個人名での連絡だとしても変な噂が立たないか心配・・・
という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方は、在籍していることが分かる書類提出(給与明細等)で、
問題ない場合もあるため、審査前に各機関で案内しているコールセンター等に、
電話連絡以外の在籍証明について相談してみましょう。

電話での確認が必要な機関であっても、日時などは相談できるところもあります。

また、どんなかたちであっても連絡は控えてほしい場合は、
電話による在籍確認なしで利用できるサービスもあるため、
対象の金融機関を選ぶといいでしょう。

初めてキャッシングをされると言うことで気になるところは「キャッシングの申込みから借り入れまでどのぐらいの時間を要するのか?」と言うことであると思います。借り入れを行う方によってかかる時間が様々ではありますが、キャッシングを行ったことがある私がどのぐらいの時間を要したのかと言うことについてお話をしていきたいと思います。

私は大大手消費者金融でキャッシングの申し込みを行いました。その消費者金融は「申し込みから審査まで30分」と謳っていたところでありましたので、申し込みを行う前から審査に時間は要さないのではないかと感じました。実際に申し込みをし、審査を行ったところ、本当に30分で審査が終わりました。会社への在籍確認を行わなければならないので会社にいることが前提となります。

後は直接その消費者金融の窓口で手続きを行うか、無人のATMで音声ガイダンスに沿ってキャッシングを行う手続きをすれば借り入れを行うことができます。早い方であると1時間から2時間程度で借り入れを行えてしまいます。初めての方でも、また急にお金が必要になった方でも安心して利用することが出来ます。

カードローンでキャッシングをする際は、審査があることに加えて本人確認と職場への在籍確認があります。本人確認は免許証などの身分証明書を提出するだけで良い場合もあれば、登録した連絡先に電話連絡によって確認する方法があったりと様々です。

それに対して職場への在籍確認に関しては、ほとんどの業者が電話連絡にて確認を行います。もちろんキャッシングを利用する事が職場に知られないように個人名で連絡してきてくれたりといった配慮はありますが、在籍確認がないという場所はないといっても良いくらい確実にあります。

ですので、大企業で個人向けに連絡がしづらい会社に勤めていたり、或いは土日に申し込みをしたけれど土日は会社が休みだったりする場合はオペレーターの人に伝えて相談してみると良いです。

銀行や消費者金融のカードローンを契約する際、審査時に勤務先への在籍確認が通常行われます。会社員だけでな、パートやアルバイトも同様です。特にアルバイトの場合、勤務先へ個人宛の電話が来るのは非常に稀なケースになります。

そのため、在籍確認の電話だと分かり易く、キャッシング契約だとバレる可能性が高くなります。そのため、アルバイトの方は、在籍確認が書類で代替可能もしくは電話が無いものを選ぶことが重要です。また、クレジットカードのキャッシング枠であれば、審査時に在籍確認も完了しているため安心と言えます。

ですが、書類代替による方法は申し込み時点で申告する必要があるため、インターネットから申し込み手続きする際は、フリーダイヤルに連絡することを忘れないようにすることが肝心です。

銀行カードローンでも、ローン契約機やテレビ窓口といったローン契約機を設置するものがあります。いわゆる、メガバンク2社のカードローンですが、これまでスピード審査やローンカードの即時発行が1月4日以降から最短1日の審査となり、これまでのメリットが失われてしまいます。

つまり、ローン契約機で契約申し込みしても、最低1日は待つことになりローン契約機を利用することが時間の無駄に繋がってしまいます。そのため、今後利用する際は先ずインターネット経由で申し込みを済ませて、ローンカードの受取を行うといった方法を考慮しておく必要があります。

また、口座の有無に関わらず本人確認書類を提出する必要があり、提出方法は別途連絡など手間が増える点にも注意が必要です。

銀行カードローンと消費者金融のカードローンを同時に申し込みした場合、個人信用情報に照会履歴が残ってしまい申し込みブラックとなることが知られています。しかし、どうしても現金を調達する必要がある場合、同じタイミングで申し込みができ、片方の審査を通過出来ればと考えてしまいます。

しかし、銀行カードローンの場合、日本国内にある3つの個人信用情報機関に照会情報が登録されてしまうため、1回審査に落ちてしまうことのリスクが大きくなります。しかし、このような場合、三井住友銀行カードローンを最初に申し込みするのがおすすめです。

三井住友銀行カードローンの場合、保証委託先がSMBCコンシューマーファイナンスとなるため、審査が通な出来なかった場合、プロミスの契約申込を勧められるケースがあります。この場合、保証会社での審査が完了し、融資可能と判断されるため、改めて申し込みを行う必要が無くなります。

申し込みブラックを回避出来る上、短時間で契約手続きを行うことが出来るというメリットも生じます。また、他の銀行カードローンとは異なり、即日で融資を受けられるよう、サービスも充実しているのが特徴です。

1回の申し込みで、2社分の審査を受けられるのは、突発的な出費が生じた場合、より確実にキャッシング契約を行い方にはおすすめ出来るものとなります。