コンテンツへスキップ

銀行や消費者金融のカードローンを契約する際、審査時に勤務先への在籍確認が通常行われます。会社員だけでな、パートやアルバイトも同様です。特にアルバイトの場合、勤務先へ個人宛の電話が来るのは非常に稀なケースになります。

そのため、在籍確認の電話だと分かり易く、キャッシング契約だとバレる可能性が高くなります。そのため、アルバイトの方は、在籍確認が書類で代替可能もしくは電話が無いものを選ぶことが重要です。また、クレジットカードのキャッシング枠であれば、審査時に在籍確認も完了しているため安心と言えます。

ですが、書類代替による方法は申し込み時点で申告する必要があるため、インターネットから申し込み手続きする際は、フリーダイヤルに連絡することを忘れないようにすることが肝心です。

銀行カードローンでも、ローン契約機やテレビ窓口といったローン契約機を設置するものがあります。いわゆる、メガバンク2社のカードローンですが、これまでスピード審査やローンカードの即時発行が1月4日以降から最短1日の審査となり、これまでのメリットが失われてしまいます。

つまり、ローン契約機で契約申し込みしても、最低1日は待つことになりローン契約機を利用することが時間の無駄に繋がってしまいます。そのため、今後利用する際は先ずインターネット経由で申し込みを済ませて、ローンカードの受取を行うといった方法を考慮しておく必要があります。

また、口座の有無に関わらず本人確認書類を提出する必要があり、提出方法は別途連絡など手間が増える点にも注意が必要です。

銀行カードローンと消費者金融のカードローンを同時に申し込みした場合、個人信用情報に照会履歴が残ってしまい申し込みブラックとなることが知られています。しかし、どうしても現金を調達する必要がある場合、同じタイミングで申し込みができ、片方の審査を通過出来ればと考えてしまいます。

しかし、銀行カードローンの場合、日本国内にある3つの個人信用情報機関に照会情報が登録されてしまうため、1回審査に落ちてしまうことのリスクが大きくなります。しかし、このような場合、三井住友銀行カードローンを最初に申し込みするのがおすすめです。

三井住友銀行カードローンの場合、保証委託先がSMBCコンシューマーファイナンスとなるため、審査が通な出来なかった場合、プロミスの契約申込を勧められるケースがあります。この場合、保証会社での審査が完了し、融資可能と判断されるため、改めて申し込みを行う必要が無くなります。

申し込みブラックを回避出来る上、短時間で契約手続きを行うことが出来るというメリットも生じます。また、他の銀行カードローンとは異なり、即日で融資を受けられるよう、サービスも充実しているのが特徴です。

1回の申し込みで、2社分の審査を受けられるのは、突発的な出費が生じた場合、より確実にキャッシング契約を行い方にはおすすめ出来るものとなります。