コンテンツへスキップ

キャッシングは利息マネージメントをすることで、かなり賢く便利に利用することが出来ます。まず最も良い方法として無利息期間が設定してあるキャッシング業者を使う事です。現在幾つかの業者は初めての利用の場合に30日間の無利息サービスを展開しているところがありますので、初めての場合は最優先としてそのような業者に申込みをしましょう。

もう1つの利息マネージメントは返せる時に多く返済するという方法です。最低返済額が低いからとその設定に合わせて払っていくと返済期間が長くなるだけではなく利息の支払いも増えてしまいます。出来るならば借りた分を短期間で全額返済してしまうのが良いですが、借入残高に応じて利息は計算されますので、多めに払えるときは返済をして利息額を減らすという努力が大切です。利息マネージメントを心がけて快適なキャッシングライフをお過ごしください。

カードローンはキャッシングと同じような融資サービスであり、限度額まで何回でもお金を借りられます。しかし、融資を受ける度に利息が発生してきますので、貸付利率は出来るだけ低い方が良いのです。近年では、カードローンやキャッシングで初回利用者のみのサービスとして無利息融資を実施しています。この無利息融資を受けるには、初回利用であるという事が条件になってきます。

サービスの内容は最大30日間利息が発生しないというものと、最大60日間借りたお金の一定額に対して利息が発生しないというものです。いずれを選択するかは利用者次第ですが、利息を減らしたい場合には効果的なサービスであると言えます。キャッシングとカードローンを併用する事も出来ますので、より多くの融資を受けられる環境作りが行えるでしょう。

気軽にお金を引き出せるキャッシング。

ちょっとした出費や買い物にはとても便利です。

でも気になるのは金利ですよね。

いくら利息がつくのかわからないから不安だ・・と感じてキャッシングに戸惑う方もいると思います。

そこで今回は利息についてご紹介してます。

まず利息はキャッシングする会社と借りる金額によって違いがあります。

会社というのは銀行で借りるか、消費者金融から借りるかといった違いですね。

大体銀行の方が安いと考えてくれてればOKです。

ではその利息はいくらか?についでですが、これは借りる金額次第です。

例えば10万程度のキャッシングを例に挙げてみましょう。

銀行カードローンなら年利14~15%程度、消費者金融なら年利18~20%程度です。

銀行カードローンは審査が厳しいこともあり、年利は少なくなってます。

消費者金融は銀行より審査が緩い分、金利は高め・・・こんな感じです。

では実際に銀行カードローンで10万円キャッシングしたとするとどうか。

年利14%で一年がかり(12ヶ月払い)で返済したとすると、返済までに支払った金額は利息も含めて10万9978円。

1万円未満です。

なんとなく10万円の14%というと1万4000円と考えてしまいますが、毎月利息と共に元金も返済してますからね。

元金が減れば当然利息も減りますから、実際の利息はこの程度しかつかないんです。

この程度の利息なら無理なく返済出来ますよね。

友人・親類から借金して信用を落とすよりも、場合によってはキャッシングの方がいいんじゃないかな?なんて思います。

これから初めてカードローンを利用しようと思っている人の中にはカードローンを利用すれば
必ず利息の支払いをしないといけないと思っている人が多いと思います。

なぜなら、普通に考えてカードローンを利用して無利息でお金を貸してもらえるとは思わないからです。ですが、実際には使うカードローンによって全然カードローンの利息が違ってきます。

では、実際にどういうカードローンを利用すれば無利息でお金を借りる事ができるかというと
それには大手のカードローンを利用する事でお金を借りる事ができるようになります。

ですから、実際にカードローンを利用して無利息でお金を借りたいと思った時は大手のカードローン会社から借りないといけないです。

そうしないと中堅以下のカードローン会社から借りても無利息のサービスは受ける事ができないので注意が必要です。ただ、いくら無利息で借りれると言っても完全に無利息で借りれるという事はないです。

それはどういう事かというと、無利息で借りれると言っても短いと1か月しか無利息にならなかったり長くても半年無利息で借りれるといった感じです。

ですから、無利息でお金を借りる事ができるにはできますがその際には条件がある事をしっかり理解した上で借りないといけないです。