コンテンツへスキップ

転職や昇給などの借り換えタイミングを逃さないことが大事

多くの会社からキャッシングしていたりすると、返済のタイミングや金額がバラバラで苦労することが少なくありません。また、返済日を失念したりして返し遅れてしまうと、今後の信用情報に傷がついてしまうことも考えられます。また、職場や勤務地が変わることで年収は上がったものの、家賃や生活費、雑費など、その分支払う額も増えてしまうということも良くあります。

こうした状況を改善するにあたって有効なのが、別の会社からお金を借り直し、今ある債務を返済していく「借り換え」です。支払い先が一本化されることで実務的にはかなり楽になりますし、一社あたりから借りるお金が一本化によってまとまれば、法律等の関係で年利も低くなり、支払う利息も安くなるなどメリットは多いです。

とは言え、今借金がある段階でさらにお金を借りるのですから、すべて要望が通るということはありません。また、現在お金を貸している会社としても、予定された返済計画よりも早期にお金が返済されることで、本来払ってもらえるはずの利息が減り利率が薄くなるという問題もあります。

そのため、「借り換え」にあたっては単なる融資申し込みとは違う目的があることを延べるとともに、転職や昇給などの年収が増加したタイミングを逃さず話を進めていくのがベターと言えます。